FC2ブログ
12< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>02

鬱女・汚部屋女

健全な?心とお部屋を目指すブログ。+日々の事

Benri-Navi

スポンサーサイト 

 --/--/-- -- --:--:-- 
スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback --  Comment --   

ワイヤーアクセサリー講座 第8回・9 回 

 2010/07/20 Tue 11:44:32 
日記 
やっちまったー!

今年の初海(波乗り)。
いつもピアスを着けたまま海に入っていた私は、
ワイヤーで作ったピアスを着けたまま、海に入ってしまった。

プレゼントした方に「水につけないで」とか言っておいて、
自分は水を通り越して、塩水に…orz

耐久実験だったって事にしよう。



閑話休題。

ワイヤーアクセサリー講座も、いよいよ最後の作品。
今回は、また指輪を作成。
平編みリング ヘマタイト・アメジスト×水晶
(左:アメジスト×水晶ボタンカット 右:ヘマタイト)

最初に作った物より、ゴージャスっていうか、ゴツいっていうか。


ポイントは、サイドの編み込みかな?
平編みリング サイド

マクラメの基本の編み方になるのかな、
平編みという編み方で編み込みをしています。
前のコイル巻きとは、全然違う印象。
コイル巻きリング ラブラドライト&水晶 コイル巻きリング 水晶&ブルータイガーアイ
(↑第1回のコイル巻きリング。下手くそで恥ずかしい…)


実際指に付けると、上下のモチーフの作り方にもよるけど、
指の関節近くまでかかります。
平編みリング 装着時


ちなみに、ヘマタイトが1作目。
1コマで終わったんだけど、複雑なので、
クロスペンダント同様、次回もう一度という事になった。

こんなゴツい指輪、する人いるかいな、と思ったが、
おかんはこれが気に入ったらしく、
「あら、抜けないわw」とか言って、ずっと着けていたので、
2作目は、おかんのために、おかんの好きな色の石で作った。

そうしたら、2作目は私も気に入っちゃったので、
別の石で3作目を作る予定。


さて、4月末から通い始めた、全10回のこの講座。
カリキュラムは全部終わったけど、実はあと1コマ残っている。
何をするかは、またのお楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

ピアス以外ほとんどアクセサリーをつけないのですが(笑)、「ごっつい指輪」実は好きです♪
というか男のようなゴツイ手なので、華奢なかわいらしい指輪が似合わないんですね~(笑)
こんな指輪だったら素敵だわーー、と思いました。
耐久実験
勇気ある実験!?(いや、違うって?)

今回のリングはデコラティブで以前にまして凝ってますね~

コイル巻きも素敵だけど、今回の平編みは繊細でワイヤーで編んだものとは思えない代物ですね。

デザインも個性があって、さすがワイヤーがなせる技って感じがします。
コメントありがとうございます
・酉蔵さんへ

先日はどうもでしたw

> こんな指輪だったら素敵だわーー、と思いました。
やはり好みがあるのですね。
では、いつか酉蔵さんのために
ゴツくてドレッシーでプリティーでスペシャルでワンダホーな
指輪をお作りいたしましょう(どんな指輪やねん)。

私は指が短いので、これだけ大きいと、
なんか、武装(?)してるみたいな感じでw
指輪をしない人間なので、余計そう思うのかも。


・miさんへ

> 勇気ある実験!?(いや、違うって?)
まぁ、うっかりつけたまま寝たり、風呂入ったりは、
しょっちゅうやっているんですけどねw
うっかり耐久実験という事で。

おかんにブレスレットをあげたら、
ずっと付けっぱなしで、水仕事や入浴をしているので、
黙って経過観察させてもらってます(おい)


> 今回のリングはデコラティブで以前にまして凝ってますね~
これを考えた人がすごいなと思います。
コイル巻きみたいに、石の数に頼っていたいところが、
ワイヤーの真髄って感じがします(言い過ぎかな(笑))。

自分で好き勝手できるところが面白いですね。
その分失敗も多いけど(^^;

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
copyright © 鬱女・汚部屋女 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。